生理不順を解消する低用量ピルは産婦人科でも処方されていますが継続使用なら断然通販の方がお得でした。低用量ピルを通販する際に事前に色々と調べてみたことを掲載。女性のために少しでも力になりたいピル情報サイトです。

事後の避妊に使用するのは低用量ピルではなく中用量ピル

女性が自分の意思で避妊ができるピル、コンドームのように男性任せにしなくても良いし、きちんと飲み忘れなく服用していれば、もしかして破れていたかもといった場合でも妊娠の心配は回避できます。女性は妊娠をすることにより、それまでの生活が送れなくなってしまうものなので、自分の意思のもと妊娠の時期をコントロールできるということは、仕事を持つ女性には特に必要な問題です。日本でも低用量ピルが解禁になったことを受け、今までのような強い副作用に苦しめられることなく安全に服用できるようになり、我が国もようやく時代に合った避妊対策がとれるようになったといえます。しかし、こういった対策をまだ取っていない段階で、危険日に膣内で射精してしまった、コンドームがきちんと装着できていなかった、残念なことではありますが性被害に遭ってしまった、というような場合は、事後に使用するピルの服用でも妊娠の確率は大きく減らせます。しかし事後避妊に使用するピルは、低用量ピルではなく中用量ピルになり、取り扱いをしている病院もまだまだ限られています。加えて、事後に使うアフターピルは、膣内での射精後七十二時間以内に服用しなければ妊娠は回避できないといわれているので、避妊に失敗したかもしれないと気付いた時点で、できるだけ早く服用することが大切です。また、低用量ピルにはほとんど副作用はありませんが、このアフターピルには強い副作用があり、吐き気や頭痛に苦しめられる方も多いようなので、その点は覚悟しておかなくてはなりません。こういった問題に陥らないためにも、婦人科を受診し、低用量ピルで自分の身体を守るという対策を取っておくのが、大人の女性としての責任感にもつながるのではないでしょうか。