生理不順を解消する低用量ピルは産婦人科でも処方されていますが継続使用なら断然通販の方がお得でした。低用量ピルを通販する際に事前に色々と調べてみたことを掲載。女性のために少しでも力になりたいピル情報サイトです。

低用量ピルを血液検査で飲まない方が良い場合

避妊するために低用量ピルを飲みたいという場合、事前に病院で血液検査を受けるのがオススメです。ちなみに、低用量ピルには血栓症を発症する可能性があるとされており、血液検査を受けて血栓症のリスクが高いことが分かったら飲まない方が良いでしょう。低用量ピルは生理痛がひどい月経困難症の治療薬としても注目されており、女性ホルモン剤として日本だけでなく世界中で多くの人に利用されています。血栓症とは低用量ピルの副作用の一つであり、血管の中で血が固まって詰まってしまう病気です。低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含まれているのですが、エストロゲンには血液を固まりやすくする作用があり、プロゲステロンも種類によっては血栓症のリスクが上昇すると言われています。血栓症には2つのホルモンが関与している可能性があるということです。ふくらはぎの痛みやむくみ、胸の痛み、息苦しさ、頭痛、脱力感、手足の痺れ、視覚の障害、めまい、腹痛、意識障害などといった副作用が起きた場合、血栓症の前兆であることも考えられるため、医師に相談してみるのがオススメです。また、他の低用量女性ホルモン剤を使用しても血栓症を発症する可能性があるので注意しましょう。低用量ピルの副作用が怖くて飲まないという人もいるかもしれませんが、低用量ピルには避妊効果だけでなく生理の出血量を減らす効果や生理痛を緩和させる効果、美肌効果などさまざまなメリットがあります。血栓症のリスクが低い場合には、低用量ピルを飲まないより飲んだ方が良いかもしれません。血液検査を受けたいという場合、インターネットで信頼できる病院を探してみると良いでしょう。